まだ間に合う!?「美人の妻付き土地物件」が売りに出される(インドネシア)

 インドネシアの男性が土地の買い手を求める広告を SNSで投稿した。

土地は72平方メートル、5メートル幅の舗装道路つきで価格は1億ルピア(およそ72万円)。
注:もし買い手の条件が一致すれば、真剣な交際を望んでいる私の義理の妹と結婚できます」

 この紹介文と一緒に義理の妹であるデウィ・ロサリア・インダさんの写真が掲載されている。

 すぐにこの応募は話題になり、メディアでも取り上げられた。

 SNSに投稿したのは土地の所有者であるアリス・ソフィヤント氏。

インタビューでは「宣伝効果を狙ったものではない。結婚はお互いが合意すればの話です。彼女は決しておまけでも付属品でもない」と語っている。

応募は海外からも殺到

 広告が掲載された後、デウィさんのSNSには大量の友達リクエストが届いた。

 シンガポールとマレーシアに住む男性から「あなたと結婚したい」とプロポーズのコメントも寄せられた。

photo credit: Detik

 しかし、デウィさんはプロポーズを拒否している。

 「知らない人なのでお断りしました。もし誰かが土地を買ってくれたら、まずはその人の事をよく知りたいです。すぐに結婚はできません」というのが理由だ。

 デウィさんは4年前に最初の夫と離婚している。2番目の夫はアリス氏の実弟なのだが、結婚後しばらくして不運にも他界してしまった。

 「結婚生活で2回失敗したので、今は私の過去を理解して受け止めてくれる人に出会いたいです」とデウィさんは語っている。

過去にも似たような抱き合わせ物件が・・・

 物件と女性をセットで売り出すのはインドネシアでは珍しいことではない。

 2015年にも女性が自宅の購入と自身との結婚をセットにして売り出し、話題になったことがある。

 1人の男性が彼女の家を購入しようとし結婚寸前まで話が進んだが、男性に妻がいたことが発覚し契約は破談となった。

 今回のデウィさん物件はSNSで公に募集したため全世界に知れ渡ることとなった。

引用元:
Coconuts Indonesia

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Twitterで更新をチェック