【朗報?】コンドームの宅配サービスが始まる「ねぇ、スキン持ってる?」にいつでも対応可能に

 いざという時は突然訪れる。予想だにしなかった相手や場所…そんなチャンスもコンドームが無くて泣く泣く諦めたことはないだろうか?

 そんなみんなに朗報だ。今回はアプリでいつでもどこでもコンドームが宅配されるサービスの紹介だ。

訪れた突然のチャンス「ねぇ、スキン持ってる?」「な、ない…!」

 ここに良いムードの男女が。

 男「(まさか今日抱けるなんて思ってなかったぜラッキー)」

 より濃厚なキスに。熱い夜になりそうだね。

 …始まるかと思いきや、女性からあの言葉が!

 女「ねぇ、スキン持ってる?」

 男「え?あ〜あるよ。持ってくるよ」

 コンドームが無いことをほぼ確信しながらも曖昧に返事。

 男「元カノの時に使ってた残りがあるんじゃないか?ここだ!いや、こっちだったか!?」

 男「無い、無い、無い!」

 部屋中探しても1個も残って無い様子。これはピンチ!!

諦めないでOK!そんな時には「SOSコンドームデリバリー」!

 男「そうだ!SOSコンドームデリバリーがあった!」

 PCを立ち上げ、サイトにアクセス。

 高度なGPSで現在地を検索してくれる。

 ピンポーン!わずか数分で玄関のベルが鳴る。

 ピザ配達員「こんばんは、ピザのお届けにあがりました」

 ん?ピザなんて頼んで無いけど?

 指で箱をトントン…

 なんとピザの箱にコンドームが!

 実はこの青年、ピザ配達員に扮したSOSコンドームデリバリーだ。

 男「(いつも悪いね…)」

 ピザ配達員「(お安い御用で)」

 アイコンタクトで会話する2人w

SOSコンドームデリバリーはいつでもどこでも駆けつけます

 いざという時は家の中だけに限らない。

 こんな屋外でもチャンスは訪れる。

 こんなところで当然コンドームを持っているわけないから、早めに頼む男性。

 ポチッと。

 衛星であなたの現在地を特定♪

 本部でより正確な位置を割り出し、配達員を手配する。

 老人「あ〜もしもし」

 おじいちゃん!こんな燃えてる人たちに何の用!?

 老人「ここに行きたいのじゃが、どうやって行けばいいんじゃろか?」

 男「あ。え〜っと…」

 いや、この人たちに道を聞くの??野暮ってもんでしょ!

 しかし、おじいちゃんはSOSコンドームデリバリーの配達員w

 地図を渡すと見せかけて、さりげなくコンドームを渡してくれる。

 男「(サンキュ)」

 老人「(フッ…頑張んな)」

 またもアイコンタクトw

 場所は変わって車の中。

 燃え上がる2人。

 ウ〜!

 警察だ!これはまずいぞ!

 警察官「ここで何やってんだ?免許証を見せろ」

 男「はい、免許証です」

 しかしこの警察官もSOSコンドームデリバリー!

 免許証にさりげなくコンドームを挟みます。

 男「(…悪いね)」

 ”SOSコンドームデリバリーはいつでもどこでも、あなたのピンチに駆けつけます”

 ”サービスを利用するにはアプリをダウンロードするか公式サイトにアクセスしてください”

 ”今サービスはドバイでのみ行ってます”

 いや、ドバイのみってw

みんなの反応

1.みんなの反応

 ネット民「はい、嘘松」

※SOSコンドームデリバリーはフィクションで、実際には存在しません

引用元:
9 GAG

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Twitterで更新をチェック