コロナを転機に 長年の夢を叶えた男

 コロナで暗いニュースばかりが目に入るが、この男性はコロナを転機に長年の夢を叶えてしまった。

大好きなジムがコロナで通えなくなる

 マイケル・リバルチク(32歳)はジムに行くのが日課だった。

The dad bought the machines from Facebook Marketplace
マイケル・リバルチク(32歳)
photo credit : Katielee Arrowsmith SWNS

朝、ジムに行くと1日に張りが出るんだ。もう仕事の一部だと思うようになって、毎朝4時に通っていたよ

 ジムに通うと自信が持てるようになり、心の健康にも良い結果をもたらしたという。

Michael aspired to achieve the body of a Marine
ジム通いを始める前のマイケル
photo credit : Katielee Arrowsmith SWNS

 しかしロックダウンが導入されると仕事は続けられたものの、ジムが休業して行けなくなってしまった。それでも最初の頃は天気の良い日に庭で板を使ったトレーニングをして鍛えていた。

雨が降った時に雨除けが必要だと思ったから、小屋を作ったんだ。その中にスプレーで自分を鼓舞する言葉を書いた。そして自分に「ジムに行くんだ」と言い聞かせたよ

 かなりジム好きのマイケルにとって通えないことは相当なショックだったに違いない。

いっそ作ってしまえ!ロックダウンが転機に

ずっと自分のジムを持ちたいと思っていたんだけど、ロックダウンが緩和され始めた時に今だと思ったんだ

 マイケルは自宅近くのガレージを借りて、Facebookでジムにあるような巨大な鏡を探した。幸いにも友人が働いていたダンススタジオから、無料で巨大な鏡を提供してくれた。マシンも同じようにFacebookで探し、手に入れることができた。

He found the garage which was about a 15-minute walk from his home
ガレージより廃屋に近い見た目だったこちらが…
photo credit : Michael Rybarczyk / SWNS.COM
DIYでこんな素敵なジムに!
photo credit : Michael Rybarczyk / SWNS.COM

 ただのガレージだったのが、マイケルのDIYで本物のジムのように様変わりした。マイケルはコロナ禍を好機として、見事自分のジムを持つ夢を叶えたのだ。

夢を叶える情熱は誰しもが持っている

Michael Rybarczyk
photo credit : HELENSBURGH ADVERTISER

 今回のニュースでSNSでは多くのフォロワーを得たマイケル。多くの人がメッセージで、マイケルのDIYがどれだけ凄いかを伝えてきてくれるという。

たくさんの人がジムを作ったことを凄いと言ってくれる。しかし私でできることは、みんなにもできることだ

これはジムに限ったことではない。自分の夢に情熱を持って、人生を捧げればいい

ロックダウンはみんなにとって辛いことだったと思う。それに立ち向かうための最良の方法は忙しくすること

 コロナ禍で逆境と思われる環境でも夢を叶えたマイケル。彼の挑戦はこれからも続きそうだ。

引用元:

DAILY STARHELENSBURGH ADVERTISER

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Twitterで更新をチェック