【整形失敗】「顔から陰毛が生えた!」「顔が爆発!」驚きの整形手術の失敗5選

 整形手術は理想の姿を手に入れる方法の一つです。しかしそれは時として思ってもいない形になってしまいます。

 今回は整形手術の失敗により、予期しない姿になった人たちを紹介します。

1. 顔から陰毛が!?頬に隠毛が生えてしまうようになった女性

 アメリカに住むクリスタル・クームスは、9歳の時にピットブルに顔を噛まれる事故に遭いました。

ソース画像を表示
ピットブル イメージ
Photo credit : Bing

 その結果、顔の皮膚が引き裂かれてしまい、手術が必要となったクリスタル。移植が必要となり、医師は彼女の陰部から皮膚を移植することにしました。

 傷は治り手術は成功かと思われましたが、数年後、深刻な副作用に悩まされるようになります。

 なんと手術を受けた頬から隠毛が生えてくるようになりました。

Photo credit : Botched / E!

 幸運なことに別の医師の再手術により、彼女の悩みは無事に解決します。再手術を行った医師は移植した皮膚を取り除き、頬の周囲の皮膚を伸ばしたのです。

Photo credit : Botched / E!

娘を産んでからは、私の見た目のせいで娘がいじめられないかと不安でした

再手術を受けて移植した皮膚は完全に取り除かれました。今では左右対象で皮膚も以前より滑らかで、何より陰毛がもう生えないので幸せです

2. セクシーな唇が爆発?

Photo credit : Botched / E!

 イギリスに住むヘンリーは唇を拡大させる手術で恐ろしい失敗を経験しました。

 彼は注射により膨らんだセクシーな口元を愛しており、次第に唇への注射の依存症になります。

 ヘンリーはこう説明します。

唇の手術は僕の人生だった。セクシーな唇を愛していたし、手術は生きがいだった

 しかしヘンリーの愛する唇に悲劇が起きます。

ある日、僕の唇は爆発したんだ。唇からありとあらゆる液体が漏れ出したんだ。 血液、膿、本当になんでも…

【※グロ注意】クリックするとモザイクが取れます 
Photo credit : Botched / E!

 ヘンリーの唇は再手術の後、無事に元の形に戻っています。

3. リアル”ケン人形”の崩壊した鼻

 

Rodrigo Alves に対する画像結果
Photo credit : Bing

 整形によってバービーの恋人ケンの顔を手に入れた、リアル”ケン人形”として有名なロドリゴ。彼は最近、トランスジェンダーをカミングアウトしたことでも話題となっています。

 そんな彼が11回もの整形手術により、鼻が崩壊してしまったことを明かしました。

 イタリアのテレビ番組に出演した際、ロドリゴは鼻の穴の側面の陥没について質問されました。

 テレビの司会者が「ロドリゴ、聞いてもいいかな?君の鼻はどうなってるの?」と尋ねると、ロドリゴは以下のように答えました。

Photo credit : Mediaset

これは整形手術を11回も受けたせいで、陥没してるんだよ。このせいで呼吸がしづらいんだ

 そして以下のことを付け加えました。

でもまた手術を受けることは躊躇してる。失敗するのが怖いんだ...

4. 顔が沸騰して、爆発…

 アメリカに住むラジー・ナリンシンは、顔にハリを持たせるために注射手術を受けました。

 しかしその医者は闇医者で、接着剤、鉱物油、セメントなどの有毒物質を顔に注入していたのでした。

 その結果、彼女の顔にしこりやこぶができてしまい、岩のように硬い顔になり、時には膿がにじみ出てしまうようになりました。

Photo credit : Botched / E!

 アメリカのテレビ番組に出演したラジーは、次のように語りました。

注射を受けた後、ある朝起きたら、顔の左側全体が沸騰したような感じになっていたわ。そして突然、顔の左側が爆発して、緑色の液体が鏡に飛び散ったの

 ラジーは再手術を受け、顔からセメントの塊を取り除く手術に成功しました。

Photo credit : Botched / E!

5. アンジェリーナジョリーを目指した女性に悲劇が

 ケアラは大好きなアンジェリーナ ジョリーのような口元になるために、唇の手術を受けました。

 彼女の母親が手術の費用を出資するという力の入れようでしたが、希望通りとは行かなかったようです。

 唇に打った注射は長年にわたって彼女の唇を苦しめる原因になりました。

Photo credit : Daily Star

 ケアラは言います。

既に注射を打っていた上唇に、さらにシリコンを注入したの

そしたら時間が経つごとに、唇がどんどん大きくなったの!最初の注射でやめておけば良かった

 ケアラの唇には良性腫瘍ができていました。腫瘍を取り除く再手術は無事成功し、ケアラは幸せな毎日を再び取り戻しました。

Photo credit : Daily Star

 整形手術がどんどん身近になり、特に注射は簡単で受ける人が多くなっていますが、やりすぎは禁物のようですね。

引用元:

DAILY STAR

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Twitterで更新をチェック