【5月12日は国際看護師の日】コロナと戦う看護師さんにエールを送ろう!

 5月12日は国際看護師の日だ。 歴史上最も有名な看護師の一人、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日に由来している。近代看護の基礎をきずいたナイチンゲールの功績をたたえ、国際看護師協会(ICN)が主体となり毎年5月12日に世界各地で様々な催しが開催されている。

 日本でも5月12日の週を看護週間と制定し、ふれあい看護体験や看護の出前授業が行われる。

 2014年から著名人が「看護の日」PR大使に任命され、広報活動に参加している。ちなみに今年の大使は看護の日の普及に貢献してきたハローキティーで、ナースキティのグッズも売られている。

 英医療機関トップのラス・メイは大衆紙サンに対し、「今年の国際看護師の日は特別な意味を持っています。単にナイチンゲール生誕200年というだけではありません。ナイチンゲールと同じ道を歩む看護師が今コロナウィルスと必死に戦ってるからです。」と述べた。

 ここで人々に尊敬され社会に大きく貢献した看護師を数人紹介しよう。

1.フローレンス・ナイチンゲール

Nightingale

                                                                                                                     Photo credit : Bing
 1854年のクリミア戦争で看護師として従軍した。私財を投げ打って野戦病院の拡大や医療品の補充を行い、またナースコールを取り入れる等様々な医療システム改革を行った。その結果負傷兵の死亡率が劇的に下がった。

 戦争での経験をもとに英国陸軍の衛生管理の改革を行ったり、看護師の教本を出版し、衛生と看護に対する基本的な規定を作った。

2.クララ・バートン

Clara Barton

                                                                                        Photo credit : Bing
 アメリカ赤十字社の創設者。アメリカ南北戦争(1861年)に従軍し献身的な看護と負傷兵に対する私財での援助から、「アメリカン ナイチンゲール」とも呼ばれる。

3.ウォルト・ウィットマン

walt_whitman_1

                                                                                                                        Photo credit : Bing
 詩人や作家として有名なウィットマンだが、アメリカ南北戦争に志願従軍し、10万人以上の負傷兵の看護をしたりカウンセリングをして精神的なケアにもつとめた。

4.マーガレット・サンガー

margaret sanger 1

                                                                                                                        Photo credit : Bing
 産児制限の活動家であり、全米家族計画連盟(プランド・ペアレントフッド)の創設者。子どもをいかにして、いつ産むかを女性自身が決定するべきだという思想を広めた。

5.メアリ・シーコール

Mary_Seacole

                                                                                                                      Photo credit : Bing
 ナイチンゲールと同じくクリミア戦争で活躍した看護師。豊富な看護経験にも関わらずナイチンゲール看護師集団への参加を拒否されたメアリは、自費で戦場に向かう。ジャマイカで母親から受け継いだ薬草の知識と伝統療法により多くの負傷者を救った。

〜 Hey Dudeのニュース劇場 〜

comic_nurse

医療従事者のみなさま
大変なときにコロナと戦って下さって
ありがとうございます!

引用元:
NDTV

参考:
日本看護協会
Wikipedia
Japanjournals

新型コロナに関する記事はこちら


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Twitterで更新をチェック