国民全員がお金持ち!?気になるアラブの豪勢な生活(UAE)

そこに生まれただけで勝ち組!アラブ首長国連邦

 世界の富の80%以上が、全人口の中でわずか1%の富裕層に握られている現代の異常なアンバランス。貧しい環境に生まれれば、そこからはい上がるのは難しく、貧しいまま次世代になっていくのはどの国も同じだ。
 ところが生まれたときから全員お金持ちの国がある。今日はそんな国の一つ、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビやドバイに暮らす人々の生活を紹介しよう。

国民への手厚い制度

 国民の大半は政府や公務員の仕事に就く。労働時間が短く、景気にも左右されず、給料も良い。大学を出ていれば、初任給で月給80万円が保証されている(その中でも警察官はさらに給料が良い人気の職業である)。

Police
photo credit : Bing

 そして医療費や高校までの義務教育が全て無償だ。さらに政府から土地や家が与えられ、結婚した子どもに新居も用意される。ここまでくると、どう転んでも貧乏になりようがない。

リッチな生活!

 そんな彼らは、お金の使い方も我々の想像を超える。ビジネスやショッピングのためにヨーロッパへ出かける。もちろん飛行機もファーストクラスだ。フライト時間は数時間だが、個室でのんびりくつろぐ。

 子どもの教育はイギリス式が主流だ。イギリスは旧宗主国の関係にありつながりが深い。子どもたちが小さいうちから現地の学校へ通わせ、最終的にケンブリッジのような一流大学を卒業させる。そのために現地に家を建てて、イギリスとUAEを行ったり来たりする。

castle-336498_1280
photo credit : Bing

イスラム教のおしえを守り、貧しい人々を救済

 彼らは、貧しい人々への寄付を積極的に行っており、毎年全財産の3%を寄付する人もいる。災害に見舞われた近隣諸国には、共同で救命隊や物資を派遣する。これらはイスラム教のおしえの一つ、ザカート(救貧税)によるもの。
 他にも、特別な祝日には囚人が赦免されたり交通違反の罰金が免除されたりなど、貧者や困っている人へ救済がおこなわれる。

外国人がUAE国民になるのは不可能

Cry
photo credit : Bing

 我々もそこへ移住すれば国民(お金持ち)になれるのだろうか?と思われるかもしれない。しかしながらUAEの「国民」になるには、先祖代々の家系が建国時(1971年)から国に住んでいることを証明する必要がある。つまり不可能なのだ。

 そのため国民は全人口の10%にも満たない。その他90%以上の人々は、海外から来た雇われ労働者たちで構成されている。

UAE国民になるには結婚が早道!?

 ここまで読んで全く縁のない世界だと思ったあなた、実は玉の輿(逆玉の輿)は可能だ。日本にもUAEから多くの留学生が来ているので、お近づきになれるチャンスはあるかも?

 ちなみに現地では重婚制度が認められており、奥さんは4人までOKになっている。他の奥さんとうまくやっていける自信があるなら、チャレンジしてはどうだろう。

arab_weddings
photo credit ; Bing

〜 Hey Dude のニュース劇場 〜

comic_uae_rich

Reference:
Quora
Arabian Business

Photo / Image credit (in order from top):
Bing
Pixabay
Bing
Bing

UAEに関連する記事はこちら

トリビアに関連する記事はこちら

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Twitterで更新をチェック