忠実なラクダ 100キロの距離を越え飼い主のもとに帰還(中国)

 100キロも離れた農場に売られたラクダが、もとの飼い主のところに帰って来たというニュースが中国で話題に。人々の心に感動を呼んでいる。

 このラクダは、中国北部の内モンゴル自治区にある砂漠を、故郷の町を目指し、数日に渡って歩き続けたものと見られている。

放牧されていた山から脱走

 テムール夫妻がこのラクダを農家に売却したのは、2019年の10月のことだった。

 ラクダを買った農家は、テムールさんの家から100キロ程離れた自分の農場にそのラクダを連れ帰り、冬の間は農場で飼育し、春になると山に放牧した。

 ラクダは、新たな住み場所にすっかり馴染んでいるように見えた。しかし夏の剪毛を翌日に控えた6月27日に姿を消してしまった。

image credit: Pixabay

100キロの旅路 その足取りは?

 脱走したラクダは、砂漠を渡り、山を越え、高速道路を横切り、もとの飼い主が住む町を囲むフェンス周辺にいるところを、別の農家に発見された。

 もとの飼い主の家を目前に、逃亡したラクダが発見されたという知らせを受けた農家により、ただちに農場に連れ戻されてしまった。

image credit: Pixabay

しかしこのニュースは元の飼い主の耳にも届いていた

 「私たちがこのニュースを聞いたのは、ラクダがすでに農家に連れ戻された後でした」と、元飼い主のテムールさん夫妻は語った。

 この忠実なラクダを取り戻したいと考えたテムール夫妻は、農家と連絡を取り、若いラクダと交換することを条件に、このラクダを返してもらうことになった。

 8ヶ月ぶりにラクダと対面したテムール夫妻は、ラクダの身体が傷だらけになっていたことに、胸を痛めたという。故郷の町に入るために、フェンスを越えようとしている時に負った傷だと思われる。

image credit: Pixabay

心温まるストーリーに多くの人が感動

 この心温まるストーリーをドキュメンタリーにした動画は1千6百万回以上再生され、多くの人々の反響を呼んでいる。

感動しました。どうかこのラクダを生涯大切にしてあげてください

大変な旅だったはずだけど、よっぽど故郷に帰りたかったんだろう

 テムール夫妻は、「もう2度とこのラクダを手放したりはしません。」と語っているということだ。

photo by: Bayan Nur Daily

引用元:
ODDITYCENTRAL

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Twitterで更新をチェック